×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お祝い事のマナー集

知ってそうで意外と分からないのがお祝い事のマナー集

贈り物について

気の利いた贈り物は、人間関係を円滑にします。ただ、大切な方に気の利いた物を贈ろうとして、なかなか決まらない、のしなどはどうしたら良いのか?など迷われた経験はありませんか? 物を贈るのは意外と難しいものです。贈り手のセンスやマナーをみられがちです。  まず、相手との関係を見極めて贈りましょう。親しい間柄であれば、身につける物やその人の趣味、趣向に合う物が喜ばれるでしょう。また仕事関係の方には、会社の記念日にはお花を、会社を訪問する際の手土産であれば、手を煩わすことなくいただける菓子やお茶のセットなどが好まれる傾向があります。  いずれも、自分が贈られたらと思うより、受け取る側の相手がその商品を手にしたときの気持ちを考えることがポイントとなります。  日本人は高価な品物を選ぶ傾向があるようですが物を贈られたら、相応のお返しをするのが基本マナーといわれています。相手の負担にならない金額の品物を選ぶことも心遣いの一つですね。 素敵な贈り物を送って人間関係の絆を深めたいですね。

贈り物のシーン

贈り物のシーンはさまざまです。 ギフトは、差し上げる時期も大切ですし、贈り物につける「のし」にもしきたりがあるため間違わないようにおくりたいですね。 贈り物のお返しに用いられる内祝という言葉は、お返しという意味合いだけでなくもともと自分の家のお祝いの記念として身近な人々に贈り物をすることでもありまたはその贈り物という意味もあります。